お問い合わせはLinkIconこちら TEL 03-5367-2188
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

許認可管理.netトップページ > 起こりうるリスク


ご存知ですか?!
許認可の適法・適正な維持管理ができていない場合
安定的な事業運営を脅かす様々な"リスク"が存在しているのです!

社内で許認可を維持・管理するときに、こんな問題は生じていませんか?

法令の不知

No_01.png「許認可を要する事業とは知らず、許認可を得ずに事業を行っている」
「変更届や報告書の提出義務を知らず、何もしていない」
「法令や許認可上の制限があることを知らず、業務を行っている」

手続漏れ

No_02.png「取得している許認可の種類が多く、更新や人事異動の際の手続があまりにも膨大で、十分な管理体制が整っていない」
「新規事業の展開、法令の改正(新設)により、今まで不要だった許認可が新たに必要となったが手続のやり方がわからない」

許可要件を満たさなくなる可能性

No_03.png「役員改選で人的要件に該当する取締役が退任した場合、他に人的要件を満たす取締役がいない」
「営業所のフロアを変更することになったが、グループ会社と共同で使用する場合に物的要件を満たすのかよく分からない」

放置と隠ぺい

No_04.png「過去に許認可を取得した担当者が更新や変更などの必要な手続をせずに退社してしまった」
「事業の進め方等に違反性があるのは知っているが、それを現場レベルで徹底するのが社内的に困難なため、その状態を放置し、手続においてその実態を隠している」

これらのリスクを企業の担当者一人に背負わせることのないように、当法人がお手伝いいたします。

業法による行政罰や刑事罰

業法に違反した場合、『業務停止命令』『許認可の取消処分』などの行政罰や、『懲役刑』『罰金刑』などの刑事罰を科せられる可能性があります。
業務停止命令や許認可の取消処分などは、事業を行えなくなりますので、その損害は多大です


社会的信用の低下

業務停止や許認可の取消処分は免れても、マスコミに報道された場合、消費者や株主さらには従業員といった、いわゆるステイクホルダーからの信用を失います。
利害関係者との取引に影響を与える可能性もあります。
実際、許認可取消処分の場合は、行政庁のHPなどにおいて「報道発表」として公表されています。


経営の不安定

「業法による行政罰や刑事罰」「社会的信用の低下」に加えて、経営者の引責辞任等の可能性もあり、社内外に混乱をもたらします